スタートガイド

こちらでは建物が出す塗り替えサインをご説明させて頂いております。
塗装の性能や立地条件によりますが5年~15年というのが平均的な時期だと言えます。まずは自分自身で建物をチェックして見ましょう。

外壁

色あせ

banner

紫外線の影響を受けやすい面から色あせがはじまります。
手で触ってみて粉が付かなければ慌てなくてもいい時期です。

チョーキング

banner

色あせが進行して壁を触って粉状のものが付くことをチョーキングと言います。塗膜が劣化している状態なので塗料の防水効果が切れかけている証拠です。

カビ・藻

banner

カビ・藻が発生した状態です。こうなると家全体の美観を損なうだけでなく、塗膜の劣化が進んでしまいます。

クラック

banner

モルタル壁の場合、年月とともに水分を失い、表面にヒビが入ります。ここから雨水が入り、内部を腐らす原因となりますので、直ちに補修が必要です。
サイディングボード壁は基本的にボード自体にヒビ割れが入ることはモルタル壁より少ないのですが、ボードの張り合わせ部分のコ―キングが年月とともに硬化し、亀裂ができたりボードから剥離したりします。
この亀裂から漏水すれば、やはり建物内部を腐食させる原因となります。


屋根

色あせ

banner

屋根は外壁よりも紫外線や酸性雨の影響を受けやすいので、痛むスピードが速くなります。
錆が出たり藻が発生していないこの段階であれば、下処理を低コストで抑えることが可能です。

サビ

banner

表面だけ錆びている場合なら軽傷ですが、放置時間が長くなるとボロボロになり、やがて穴まで開いてしまう場合もあります。

カビ・藻

banner

カビ・藻が発生すると、さらに損傷は激しくなり、屋根は割れやすくなります。しかも、濡れると滑りやすくなるので非常に危険です。プロの職人でも落下して命を落とす方も少なくありません。とくに急勾配な屋根は注意が必要です。
最近では、屋根・壁両方に塗装できる塗料が低価格で普及されてはいますが、私の経験上、やはり専用塗料で塗装した方が仕上がりも耐久力もまったく違います。


木部

剥がれ

banner

木は呼吸しています。内部から空気を出そうとするので紫外線や雨の影響を受け、塗膜が劣化して弱くなった箇所から剥がれ、ほっておくと腐ってしまいます。


鉄部

サビ

banner

サビを放置しておくと強度が無くなるだけでなく、やがて肉薄になり、穴が開きやすくなります。
長持ちさせる秘訣は早い段階でサビ落としを十分することです。


その他

軒裏

banner

軒裏は屋根裏の熱を逃がすために有孔ボードなどが設けられているので、湿気の影響を受けやすくなります。

雨戸

banner

年月とともに色あせが始まりチョーキングが発生し、海から近い立地ではサビやすくなります。

雨樋

banner

雨樋は年月とともに硬化して割れることもあります。
又、取付金具などもサビたりします。

施工エリア 富士宮市、富士市、静岡市、沼津市、三島市、裾野市、御殿場市など
静岡県 富士宮市 淀師1352-1 TEL 0120-54-3776 FAX 0544-26-4817
Copyright(c) 2012 ART PAINT SERVISE(アートペイントサービス). All Rights Reserved.